自律型人材育成

コロナ禍における「育成目標」とは:“ASK”フレームワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

変化の激しい現在に求められる育成目標の重要性について、前回の記事でお伝えした通り、新たな「育成目標」が必要です。

それは、部下一人ひとりに合わせた「オリジナル」な育成目標を立てることです。
「〇年次では、××を身に付ける」といった、ある意味での答えがない現代においては、答えが分からないからこそ、厳密に決めずに、大まかな方向性を示して、上司と部下との間で目標を考え、合意を得るといった目標設定の決め方です。
そのためには、以下の3つのプロセスを行うことが求められます。

1:部下自身に、どうなりたいか、どういう方向に進みたいかを考えてもらう
2:部下の考えを聞いたうえで、上司の考えと会社の期待を伝える
3:部下の考えと上司の考え、会社の期待をすり合わせる

今回の記事では、どのような観点で部下に考えてもらえば良いのかについて、まとめていきます。

育成目標の“新”フレームワーク:ASKフレームワーク

ASKとは、以下の3つの言葉の頭文字を取って「ASKフレームワーク」と言います。

Attitude:身に付けて欲しい/身に付けたい態度・姿勢
Skill:身に付けて欲しい/身に付けたいスキル
Knowledge:身に付けて欲しい/身に付けたい知識

部下にまずは、どうなりたいか、どういう方向に進みたいかを、この3つの観点で考えてもらうのです。
また、にセットで考えるべきことは、“期間”です。
1カ月後、3カ月後、半年後、など、いつまでにどの程度を目指したいのかを明確にすることです。

この観点で部下に考えてもらったら、上司の視点で、会社から期待することを伝え、また内容や期間に応じた目標設定の現実性を見極め、ブラッシュアップしていきます。

その後、上司と部下との間で合意をしたら、目標達成に向けて走り始めるのです。

なお、注意すべきは、目標達成に向けて走り始めたら、終わりではありません。
“期間”で設定したタイミングは、上司と一緒にその達成具合を評価し、達成に向けた話し合いの機会としておきます。
そうすることで、上司として部下の育成に寄り添い、見届けることができます。部下としても、適切な指導をもらう機会を得ることで、達成に向けて走り続けることができるのです。

ぜひ、変化の激しい時代に合わせた「育成目標」ASKフレームワークを取り入れてみていはいかがでしょうか。

研修内製ナビについて

アヴァンサーレの「研修内製ナビ」は、企業の『研修内製化』をご支援するサービスを提供しています。
『研修内製化』において、人事担当者様が最も苦労する、“研修テキストの作成”と“研修講師としての準備”の2点をサポートするため、「講師マニュアル付きの研修テキスト」のご提供をしております。
また、マルチタスクで忙しく、日々の情報収集はなかなか難しい人事担当者様にとって、手軽に読める本記事のような人材育成お役立ち情報を不定期で更新しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください。

受講者用テキストだけではなく、講師用マニュアル、講師用タイムテーブルをセットでご提供しております。

詳細はこちら