研修内製化のススメ

研修やワークショップで盛り上がる演習内容・ワーク内容~その3.ボールを回せ!チームビルディング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
研修内容,ワーク内容

研修やワークショップを企画する人事部・研修ワークショップ担当者向けの記事です。

この記事では、自分達で改善しながら組織強化を目指すための演習内容・ワーク内容としておすすめの『ボールを回せ!チームビルディング』をご紹介します。                                                                                                                                                                                          

ボールを回せ!てチームビルディング

使用シーン:

  • 失敗が多く改善をしなければならない時
  • 変化に対応し、成長や改善が求められるチームを作る時

推奨人数:

  • 1グループ:6~10名

用意する物:

  • A4用紙×人数分、ホワイトボード(模造紙でも可)×グループ数分、ホワイトボードマーカ―、キッチンタイマー

演習内容・ワーク内容:

  • 全員がグループごとに向かい合って円形に立てる程度のスペースを用意します。
  • 各人にA4用紙を1枚配布します。
  • 配布した紙をくしゃくしゃにしてボールを作ります。
  • グループごとに円形に立ち、ボールを同じタイミングで隣の人に回していき、何回キャッチできたかを競います。
  • ワーク時間は5分間で、何度チャレンジしてもOKです。一度でもボールをキャッチできなかったら、1カウントから始め直し、最も多い回数を競い合います。
  • ボールを回す際は、手渡しや上から掌に落とすのではなく、必ずボールを投げること、グループ全員で同じタイミングでボールを投げること、全員がキャッチできたら1回と数えること、この3つのルールを伝えます。
  • ルールを伝えたらキッチンタイマーで5分間はかります。
  • 5分間が終わったら、何回出来たかを全体で共有します。優勝チームに拍手をします。
  • 第2回戦をすることを伝えます。
  • すぐにボールを回すワークに入るのではなく、まずは、15分間で作戦会議をします。主に、「うまく行ったことはどのようなことで、なぜうまくいったのか」、「うまく行かなかったことはどのようなことで、なぜうまく行かなかったのか」、「もう一度やるのであればどうすれば良いのか」を話し合って、ホワイトボードに書き出し、第2回戦の作戦をたてます。
  • 15分の作戦会議が終わったら、第2回戦を行います。キッチンタイマーで5分はかります。
  • 全体で各グループの最高回数を発表し、優勝チームに拍手をします。

フィードバック:

  • たった15分間でも、振り返ることで改善することができる。
  • うまく行ったことだけではなく、うまく行かなかったことも同様に振り返り、原因を追究することで、具体的で適切な対応を取ることができる。
  • グループで問題意識と対応策を共有し、気を付けることや目指すことを統一することで、うまく行くことや行動のスピードがあがる。
  • 仕事やプロジェクトでも同様で、全体で振り返り、気を付けることや目指す方向を揃えることで、改善を図ることができる。
  • そのためにも、各人が意見を言うこと、各人の意見を聞くことの相互理解も大切である。

また、合わせて以下の記事も参考になりますので、ご興味ある方はご一読ください。
オンライン研修でおすすめのアイスブレイク集

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください。

受講者用テキストだけではなく、講師用マニュアル、講師用タイムテーブルをセットでご提供しております。

詳細はこちら