研修内製化のススメ

研修やワークショップで使えるアイデア発想のための演習内容・ワーク内容~その3.エクスカーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アイデア発想

この記事は、研修やワークショップを企画する人事部・研修ワークショップ担当者向けの記事です。

この記事では、研修やワークショップで使えるアイデア発想法として『エクスカーション』をご紹介します。                                                                                                                                                                                          

エクスカーション

おすすめの研修内容:

  • 新商品・サービスを考える研修やワークショップ
  • 課題解決のための研修やワークショップ

推奨人数:

  • 1人からの個人ワークや3~5名程度のグループワークなどに対応

用意する物:

  • A4用紙×全員分、ペン×全員分

演習内容・ワーク内容:

  • 全員に1枚ずつA4用紙を配ります。
  • 受講者に考えさせたい『商品・サービス』に対して、全く関係のなさそうな観点と組み合わせて検討します。
  • 例:商品「スニーカー」×全く関係のなさそうな観点「動物」
    ⇒ジャンプ力が高まる機能のスニーカー(スニーカー×うさぎ)
    ⇒夜になると光る機能のスニーカー(スニーカー×猫の目)
    ⇒滑りにくい機能のスニーカー(スニーカー×猫の爪)
    ⇒靴底がすり減らない機能のスニーカー(スニーカー×馬の蹄を守る蹄鉄)など。
  • 個人での検討が終わったら、グループ内でさらにアイデアを膨らませます。
  • 全体で、面白いアイデアを発表します。

ポイント:

全く関係のなさそうな観点は、動物の他に、スポーツ、植物などでも良いでしょう。

ぜひ、研修やワークショップで取り入れてみてください。

合わせて以下の記事も参考になりますので、ご興味ある方はご一読ください。
オンライン研修でおすすめのアイスブレイク集

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください。

受講者用テキストだけではなく、講師用マニュアル、講師用タイムテーブルをセットでご提供しております。

詳細はこちら