オンライン教育・オンライン研修

オンライン研修のメリット②大量の意見がでる≒アウトプットができる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オンライン研修を体験したことがない多くの人は、このような誤解をしていることが多々あります。
「オンライン研修は、知識詰め込み型研修に向いている」
「オンライン研修は、アウトプットには向いていない」

この記事を読まれている方の中には、このような誤解を持っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際は、オンライン研修でも集合型研修と同様に、グループディスカッションをすることもできますし、講師に不明点の質問をすることができます。

また、私自身、オンライン研修を体験して分かったことは、「集合型研修よりオンライン研修の方が意見はたくさん出る」ということです。

現在、ZOOMやTEAMS、Webexミーティング、Google Meetなど主要な会議システムがありますが、ZOOMを例にすると、ブレイクアウトセッション機能を使えば、集合型研修と同じようにグループディスカッションをすることができます。

さらに、チャット機能を使えば、集合型研修と同じように講師への質問をすることができます。また、このチャット機能を効果的に使うことで意見を沢山だしてもらうことができます。

集合型研修だと、講師の説明を止めて質問をする必要があるため、質問が出づらかったり、不明点を解消しないまま研修が終わってしまったりということがあります。
しかし、チャット機能だと、随時質問をチャット上に投げておくことが出来るので、講師の説明を止めずに済むだけではなく、他の受講者の前で手を挙げる必要は無くなるため、質問への心理的壁は低くなります。
また、講師から全体に対して問いかけをすると、集合型研修の場合は、他の受講者の前で手を挙げる必要があるため、あまり手が挙がらないというのが多く見受けられる光景ですが、「チャットで全員送って」というと、全員から意見を吸い上げることができます。

つまり、受講者の心理的には、集合型研修よりもオンライン研修の方が意見を言いやすい環境だと言えます。

ZOOM機能を例にしましたが、自社で導入しているシステムについても同様の使い方が出来るかを確認する必要はありますが、集合型研修よりも多くの人と意見が出やすいという特性を活かした研修を実施いただければと思います。

ぜひ、参考にしていただければと思います。

研修内製ナビについて

アヴァンサーレの「研修内製ナビ」は、企業の『研修内製化』をご支援するサービスを提供しています。
『研修内製化』において、人事担当者様が最も苦労する、“研修テキストの作成”と“研修講師としての準備”の2点をサポートするため、「講師マニュアル付きの研修テキスト」のご提供をしております。
また、マルチタスクで忙しく、日々の情報収集はなかなか難しい人事担当者様にとって、手軽に読める本記事のような人材育成お役立ち情報を不定期で更新しております。

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください。

受講者用テキストだけではなく、講師用マニュアル、講師用タイムテーブルをセットでご提供しております。

詳細はこちら